消防の経過概要

48年 4月 山鹿鹿本広域行政事務組合消防本部を元山鹿市消防本部に

        
置き発足、業務開始。

      消防車3台・救急車2台・指令車1台・職員50

     (山鹿市から36名、新規採用14名)

48年 4月 初代消防長に田中虎雄就任

48年 6月 植木分署仮庁舎にて業務開始(消防車1台・救急車1台)

48 11月 救急車1台、県農協共済連より寄贈(山鹿消防署)

49年 1月 水槽付消防ポンプ自動車購入(植木分署)

49年 4月 本部(署)ならびに植木分署庁舎新築落成

49年 4月 職員20名増員(定員70名)

49年 4月 指令車(本部)広報車2台購入(山鹿消防署、植木分署)

49 11月 東分駐所・鹿北出張所・鹿央出張所庁舎新築落成、

        業務開始。(各消防車1台)

50年 4月 職員5名増員(定員75名)

50年 5月 2代目消防長に吉村公一就任

50年 7月 梯子付消防ポンプ自動車(24m級)購入(山鹿消防署)

50  7月 広報車購入(東分駐所)

51 11月 水槽付消防ポンプ自動車2台購入(山鹿消防署、東分駐所)

52 11月 普通消防ポンプ自動車購入(山鹿消防署)

53  7月 水槽付消防ポンプ自動車1台購入(山鹿消防署)

54年 1月 総合気象盤設置(山鹿消防署)

54  4  3代目消防長に堤 庄助就任

55年 1月 救急自動車1台(2B型)損害保険協会より寄贈(山鹿消防署)

55年 4月 職員2名増員(定員77名)

55 12月 査察車購入(予防課)

56 11月 水槽付ポンプ自動車購入(鹿央出張所)

57 11月      〃     (鹿北 〃 )

58年 2月 船外機付ボード 山鹿ロータリークラブより寄贈

     (山鹿消防署)

58年 3月 救急自動車1台(2B型)損害保険協会より寄贈(山鹿消防署)

59年 7月 4代目消防長に徳永 親就任

59 11月 普通消防ポンプ車購入(植木分署)

60年 4月 職員6名増員(定員83名)

61年 3月 救急自動車1台(2B型)県農協共済連より寄贈(山鹿消防署)

61年 4月 鹿北出張所庁舎増築

61年 4  5代目消防長に徳渕成ニ就任

62年 5月 広報車2台購入(鹿北出張所・鹿央出張所)

62 10月 鹿央出張所庁舎移転新築落成

62 10月 アクアラング2セット 山鹿ライオンズクラブより寄贈

     (山鹿消防署)

63年 4月 映写機1台 鹿本郡市医師会より寄贈(本部)

63 12月 訓練塔新築落成(山鹿消防署)

年 4月 6代目消防長に山村 博就任

11月 水槽付消防ポンプ自動車更新(植木分署)

 2 12月 救助用ボート1艘(社)日本青年会議所より寄贈(本部)

 3年 1月 水槽付消防ポンプ自動車1台更新(東分駐所)

 3年 3月 救急自動車1台(2B)県農協共済連より寄贈(植木分署)

 3年 9月 広報車更新 喜多村石油(株)より100万円寄贈

     (山鹿消防署)

 4年 1月 7代目消防長に黒田信幸就任

 4 10月 心肺蘇生法訓練人形 山鹿ライオンズクラブ寄贈

     (山鹿消防署)

 4 10月 大型油圧救助器具一式 (山鹿消防署)

 5  6月 119番集中受付装置一式

 5年 7月 防火広報車1台日本防火協会より寄贈(本部)

 5年 8月 救急車1台(2B型)日本消防協会より寄贈、救急業務開始

     (東分署)

 5 11月 水槽付消防ポンプ自動車更新(山鹿消防署)

 6年 7月 8代目消防長に松本輝昭就任

 7年 1月 救助工作車(U型)購入(山鹿消防署)

 7 3 東分駐所庁舎増築

 7年 3月 鹿央出張所廃止

 7年 4月 本部警防課を総務課に統合し、植木分署を植木消防署に

      東分駐所を東分署、
鹿北出張所を鹿北分署に組織改編

 8年 3月 救急車(2B型・9項目資器材積載)更新(山鹿消防署)

 8年 3月 着ぐるみキャラクターバンビ(番火)1体作成(本部)

 8年 8月 水槽付消防ポンプ自動車更新 損害保険協会より寄贈

     (山鹿消防署)

 8 10月 梯子付消防自動車(30M級)更新

 8 12月 救急車1台(2B型・大型資器材積載可能・特殊艤装

     ・救急モニター付)購入、救急
業務開始(鹿北分署)

 9年 3月 救急車1台(2B型・大型資器材積載可能・特殊艤装)

      県共済農業共同組合より寄贈(植木消防署)

 9年 8月 指揮車購入(山鹿消防署)

10年 2月 救急業務高度化推進整備事業

      ・特定行為資機材、特定行為訓練用シミュレーター

      システム購入(山鹿消防署)

      ・9項目資機材 2式購入(植木消防署、鹿北分署)

11年 1月 消防ポンプ自動車(電動ホースカー搭載)更新(山鹿消防署)

11年 2月 高規格救急車1台(9項目資器材、特定行為資器材)購入

     (山鹿消防署)

11年 9月 広報車更新(鹿北分署)

12年 2月 救急車1台(2B型・9項目資器材積載)県共済農業共同組合

     より寄贈
(東分署)

12年 2月 東分署庁舎増築

12 11月 ミニ消防車(ポンピー)作成(山鹿消防署)

13年 3月 植木消防署庁舎新築落成

13年 3月 大規模災害用エアーテント購入(山鹿消防署)

13年 4月 9代目消防長に竹熊宏光就任

13年 7月 消防ポンプ自動車(電動ホースカー搭載)更新(植木消防署)

13年 9月 救助工作車(U型)購入(植木消防署)

13 10月 広報車更新(山鹿消防署)

14年 1月 水槽付消防ポンプ自動車更新(鹿北分署)

14年 1月 条例定数(89名)

14年 2月 鹿北分署庁舎増築

14年 4月 職員3名増員(定員89名)

14 10月 気象観測器更新(山鹿消防署)

15年 1月 災害対応高規格救急車更新(植木消防署)

15年 4月 職員3名増員(定員89名)

15年 7月 防火広報車更新(本部)

15年 8月 資機材搬送車購入(山鹿消防署)

15 10月 事務連絡車購入(本部)

16年 11月  鹿北分署庁舎増築

16年 12月  災害対応化学消防ポンプ自動車購入(植木消防署)

17年  1月  一市四町(山鹿市・鹿北町・菊鹿町・鹿本町・鹿央町)が合併し、
         「山鹿市・植木町」の一市一町を以って構成され、名称が山鹿植木
         広域行政事務組合消防本部に変更となる。

17年  4月  新消防庁舎用地習得完了

18年  4月  条例定数(94名)、職員5名増員(定員94名)

18年  4月  10代目消防長に富田重明就任

19年  4月  条例定数(96名)

19年  9月  山鹿植木広域事務組合消防本部・山鹿消防署(訓練等含む)新庁舎落成
          高機能消防指令システム導入

20年  2月  高規格救急車更新 (東分署、鹿北分署)

20年  3月  消防ポンプ自動車更新 (東分署)

20年  4月  11代目消防長に末松正博就任

20年  4月  条例定数(100名)職員2名増員(実員96名)

20年  7月  査察車1台更新(本部)

20年 12月  高規格救急車更新(山鹿消防署)


21年  4月  職員4名増員(実員100名)

22年  2月  水槽付消防ポンプ自動車更新(山鹿消防署)

22年  3月  広報車1台更新(東分署)

22年  4月  梯子付消防自動車オーバーホール

22年  5月  高規格救急車更新(植木消防署)

23年  4月  12代目消防長に東栄二郎就任

25年  2月  救助工作車(U型)1台更新(山鹿消防署)

26年  6月  高規格救急車1台更新(山鹿消防署)

27年  3月  消防事務の廃止(規約変更)。消防職員98名が退職。
          *定年退職6名
          *身分移管92名(山鹿市へ77人。熊本市へ15人。)




                   前へもどる

山鹿市消防本部の紹介