災害対策

◎ 地震から身を守る10か条

    1.まずわが身の安全を図る。
          
    2.すばやく火の始末。あわてず、さわがず冷静に。
            
    3.非常脱出口を確保する。

    4.火が出たらまず消火。
         
    5.外に逃げるときはあわてずに。
          
    6.狭い路地、塀ぎわ、崖や川べりに近寄らない。

    7.山崩れ、崖崩れ津波に注意する。

    8.避難は徒歩で、持ち物は最小限にする。

    9.みんなが協力し合って応急救護。

   10.正しい情報をつかみ、余震に備えましょう。
          


◎ 風水害に‘強くなる’には、こんな心構えが必要です!

  ○ 住んでいる地域の「土地カン」を養う。

  ○ 気象情報にこまめにチェックする。

  ○ 停電に備え、トランジスターラジオや懐中電灯、ローソク、マッチ、
     救急医薬品などを備える。
                              

 
◎ 防災は地域ぐるみで!

  私たちは日常生活の中で一番大事で、一番恐ろしい火の存在を
忘れがちです。いま一度、防火について家族で話合ってみませんか。

  ○ 火を使用している時は絶対にその場を離れない。

  ○ 火を使う器具の周囲はいつも整理・整頓をしておく。

  ○ 出かける前、寝る前に必ず火の元を確かめる。
              







               トップへもどる